カラダに必要なもの

ダイエットと聞くと食べ物を制限するというイメージがあります。 でもこれは、継続しにくく苦痛もあり成功しずらいことが多いですね。 そこで発想をを変えて、食べるものを制限するのではなく何を食べれば痩せるかを考えてみてはどうでしょうか? 例えばお肉を食べたいと思った時、ヘルシーなイメージがある鶏肉をチョイスしがちですが、 実は鶏肉よりも牛肉や豚肉の方がダイエットにはよいのはご存知ですか? なぜかというと、牛肉や豚肉には脂肪を燃焼しやすい成分が含まれているからです。 さらに、ジンギスカンで知られている羊肉は特に脂肪燃焼効果が高いと言われています。 また、薄切りや細かく刻まれたお肉より、ステーキやビーフシチューのようなかたまりのお肉の方が、 消化するのにエネルギーを使い脂肪を燃焼しやすくなるので、ダイエットには効果的です。 あんまりお肉を食べると太りそうだと思われますが、タンパク質を摂るためにはお肉を食べた方がいいのです。 そうすれば、カラダの筋肉や皮膚、そして血液になってくれます。 タンパク質をキチンと摂ることは、キレイに?せやすいカラダ作りになるということですね。

牛肉や豚肉がダイエットに効果的だとお話しましたが、その中でも脂身ではなく赤身の多いもも肉などがおすすめです。 人に必要なタンパク質の量は体重×1グラムと言われています。 なので食べる量は、体重が50キロの方であれば50グラムとなります。 でも測ったりするのは難しいので、カンタンに1日に2回タンパク質を摂ることを意識すればよいでしょう。 タンパク質は、卵やお肉やお魚などに含まれるので、その中から2つ選んでみるのです。 そうすると一番摂りやすいのは卵ですね。 卵は完全食なのでカンタンにお料理することができます。 卵もまた、コレステロールが高くて太るというイメージがありますが、1週間に8個以内なら食べても大丈夫だと言われています。 そして卵には、食べ物として口から入れないと作れない必須アミノ酸の全てが入っているそうです。 卵いろいろな調理ができるのでメニューも豊富です。 毎朝、目玉焼き、卵焼き、ゆで卵など食べるのもいいですし、お味噌汁に入れてもおいしくいただけます。 カンタにできる卵料理を1回食べてあとは赤身のお肉か魚を食べれば、これで2回クリアできるのです。 そしてカラダを冷やすと脂肪燃焼効果が低くなってしまうので、温かい食べ物をいただくようにしましょう。 お味噌汁やスープなどカラダを温めてくれる汁物がよいですね。 汁物はお腹がふくれるので満腹感も感じられます。 タンパク質と温かい食べ物は、キレイなカラダ作りに必要なものなのです。 食べてはダメなものを考えるより、カラダに必要なものを食べるという考え方に変えてみてはいかがでしょうか。

情報リンク集1

情報リンク集2

情報リンク集3

サイト名

サイト名
サイト紹介文
サイトテキスト

車検・自動車修理・板金 ペットショップ SEOアクセスアップ相互リンク集 FORESTSCIENCE.INFO